台所から子育て、暮しを豊かに。

RECIPES

万能食べるラー油

その昔流行った食べるラー油。思い立ち、レシピを作ったのはブラジルにて。
暑い国、夏にチリは発汗を促し熱を取り除く助けをしてくれます。
薬効のあるスパイスを加えた油で風味豊かに。茹でた麺にかけるだけ、餃子に添えて、大活躍しますよ。
常温1ヵ月以上持ちますが、油なので酸化が早いため、2週間くらいで食べ切っていただけるとよいと思います。

万能食べるラー油

大ピーナッツバター瓶 3/4本分

材料

(A)
・ごま油 150cc
・ニンニク 25g (みじん切り)
・生姜 20 g (みじん切り)
・ネギ 60 g (3本ほど、みじん切り)
・鷹の爪 (レッド・アイ) 3粒
・白いりごま 大1
・チリパウダー 20g (大3強)

(B)
・風味の少ないオイル 100cc (菜種サラダ油、米油など、ドイツでは Bratöl)
・山椒、中華青山椒ホール 5 g (潰す)
・みかん皮 5g
・シナモンスティック 1本

(C)
・てんさい糖 大1  1/2
・塩 大 1/2
・醤油 100cc
・酢 大1

作り方

1. ニンニク、生姜、長ネギはみじん切りにし、鷹の爪 (レッド・アイ) は輪切りにする。
2. (B) の材料で香油を作る。
オイル 100cc にシナモンスティックと山椒を入れて 8分弱火にかけ、ゆっくり味を出す。
最後にみかん皮を加え、火を止めてしばらく置き、オイルを漉す。
3. (A) のごま油を弱火にかけ、ニンニク、生姜、ネギを入れ、ぶくぶくしてきたら、10分ほどゆっくりカリカリになるまで火にかけ、その後、最後にチリパウダーを加えて 1〜2 分加熱する。
4. 2. の香油を 3. に足し、(C) のてんさい糖、塩、醤油と白いりごまを加えよく混ぜる。最後に酢を加えて完成。